医療保険の選び方 内容のご紹介

医療保険は、以前からあった生命保険では、思うような保険を選ぶことができないという人の声にこたえて生まれた保険です。

生命保険は、死亡保障や入院保障といった主契約となる保険と、それらの保険に対して、より手厚い保障をする特約という構成になっており、特約をつけるためには主契約となる保険に加入する必要がありました。

しかし、中には主契約の保険は不要で、特約として付帯されている保険がほしいという声は少なくありませんでした。

そこで、生命保険では特約となっていた保険を、個別に単独で加入できるように考えられたのが医療保険です。

これまで生命保険に入っていた人も医療保険に変更する人が増えていますが、医療保険を正しく選ぶためには、医療保険のしくみについて、よく知ることが必要です。

カテゴリー

医療保険の仕組み
医療保険の基本的な仕組みは、生命保険にあった特約を、主契約がなくても個別に加入することができるようにした保険です。そのため、生命保険では加入できなかった保険も加入できるようになりました。
医療保険の種類
医療保険の種類はひとつだけでなく、様々な種類があります。生命保険と似たようなものもありますが、特定の疾病を対象とした保険など、医療保険にしかない種類も沢山あり、目的によって選ぶことができるようになっています。
医療保険とは
医療保険とは、病気や怪我の治療費などを、個人に替わって負担するための保険制度で、生命保険とは保障の範囲や負担額の割合が異なるのが特徴です。保障の対象などが細分化されているので、自分に希望に合った保障を組むことができます。
医療保険と特約
医療保険では、主契約では不足する保障に対し、生命保険と同じように特約を付けることができます。そしてその特約には、生命保険にはない様々な種類が用意されており、必要に応じて選ぶことができるようになっています。
医療保険の比較
医療保険は様々な保険会社が取り扱っています。そのため、最初から保険会社を決めておくよりも、保証の内容を中心に、各保険会社の特徴やメリットなどを比較してから決めるようにします。
医療保険の給付金の請求
病気やケガで治療、入院をした場合、医療保険の適用が受けらることがわかったら、すぐに給付金の請求を行います。請求の方法としては、まず最初に、保険会社に連絡をすることから始めます。